« National TR-1020ポータブルテレビ | トップページ | グロッソスティグマのトリミング »

2011年2月28日 (月)

CO2圧力

Dsc01245_2現在、使用中のCO2アルミボンベ

圧力計付のレギュレターです。

2次圧は約0.1MPa

この2次圧というのをよく理解していませんでした。

これでボンベの残量がわかると思っていたのですが、どうも2次圧はあてにならないようです。

1次圧というのがボンベからレギュレターへの入力圧

2次圧というのがレギュレターで減圧された出力圧

なので2次圧はボンベの残量圧をすぐに反映されないと思います。

また、2次圧はレギュレターによって違いがあります。

1次圧もボンベにより違いがあるようですが、5~6MPa(小型ボンベ)のようです。

仕事で酸素ボンベを使うことがありますが、圧力計は12MPaくらいでした。

2次圧が高いものや調整できるレギュレターはCO2を分岐させるのに向いているようです。

また、圧力計には個体差もあるようで、このあたりが正確性に欠ける原因のようです。

圧力の話は難しいです。

で、1次圧と2次圧の圧力計が付いたレギュレターに変えようかと検討中です。

1次圧がわかればボンベ残圧がすぐにわかると思います。

これがまた高いんです。

|

« National TR-1020ポータブルテレビ | トップページ | グロッソスティグマのトリミング »

CO2関連器具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« National TR-1020ポータブルテレビ | トップページ | グロッソスティグマのトリミング »