« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月25日 (月)

水草のおもり

Cimg3999 先日、石に植えこんだキューバパールですが、見事に浮いてしまいました。

溝の浅い石の隙間なので仕方ありません。

で、釣り用のガン玉で挟んでみました。

ミニ鉛巻きです。

Cimg4000 これで100%浮いてくることはないでしょう。

あとはソイルが崩れないように注意するだけです。

少しだけ根が出てきています。

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

がんばろう日本

Dsc03376 ガンバロウ日本

| | コメント (0)

2011年7月22日 (金)

プロレイザー?

Dsc03355 ADAのプロレイザー?

偽似ビートルカウンターに続く第2弾!

コケ取りグッズです。

Dsc03357

最長60cm!

Dsc03360

アダプターをはずすと約40cmに

Dsc03363

これがうちの水槽にはジャストサイズです。

前面は水に触れずにコケ取り掃除が可能になります。

Dsc03364

本家ADAのミニプロレイザーとの比較

Dsc03362

刃の取り付けはミニプロレイザーとは違います。

Dsc03366

POWER MEN

聞いたことのないネーミング

ググると同じようなのがありました。

国は?

実際に使ってみると、ミニプロレイザーと同様にコケ掃除が楽ちんです。

ミニプロレイザーとくらべても、そんなに重たくありません。

なにより、ミニプロレイザーより刃幅が広くなったので、ガラス面をこする回数が減ります。

ミニプロレイザーよりも効率的にコケ掃除ができます。

| | コメント (0)

石にキューバパールグラス

Dsc03367                                                                  キューバパールの水景で見かけるのが、石の間にもキューバパールがこんもりしている状態

そんなのがうちでもできないか?

キューバパールを3本だけ石の隙間に埋め込んでみました。

Dsc03373_2 水草一番サンドのパウダータイプを隙間にできるだけ入れました。

ソイルが少しだけなのでキューバパールがうまく展開してくれるかがポイントです。

Dsc03369 変わり映えのない水景です。

| | コメント (0)

2011年7月18日 (月)

PH SIMULATORの7.0校正について

Dsc03304 PH SIMULATORを導入した時から疑問だったPH7.0の校正方法

4.0や10.0はパワーランプ点灯なのに7.0だけ「OFF」と同じポジションです。

OFFでは通電せず7.0の校正ができないのでは?という疑問が・・・

で、買ったエキゾチックアフリカへメールで問合せしました。

返事・・・

「不思議な作りになっておりますが、OFF状態の時が7.0になっております。
パワーランプは点灯致しませんがその状態で校正致します。」

とのこと。

さらに発売元のUP AQUARIUMへも問い合わせてみました。

問合せ内容・・・

「Hello.
Please teach the calibration7.0.
The power indicator doesn't light.
Can this be calibrated even if it doesn't light?」

しばらくすると返事がありました。

回答は・・・

「Yes, calibration 7.0, the indicator light is off, it doesn’t influence the function.」

「はい。7.0の校正はインジケーターランプはOFFです。それが機能に影響を及ぼすことはありません。」

とのこと。

PH7.0の校正時にはやはりOFFモードなので通電ランプは点灯しないようです。

それでどうやって7.0の電気信号を送っているのでしょうか?

微弱電流でも流れているのでしょうか?

電気素人にはさっぱりわかりません。

英語もさっぱりです。

翻訳サイト、本当に便利です。^_^;

追加・・・

PHの2点校正について分かりやすく解説されているブログがありました。

ここでPH7.0とPH4.0の校正についてがよくわかります。

| | コメント (0)

PH SIMULATOR続き

Dsc03346 デジタルではないですが、PH試薬があったのを忘れていました。

aquamind laboratoryのPH測定キットです。

試薬がちょっと古いのが

気になりますが・・・

朝のCO2無添加時、

PH=7.2~7.4くらいです。

Dsc03347

PHモニターでは、

PH=7.54

試薬とモニターの測定誤差はわずかです。

昨日、PH SIMULATORで4.0校正をしましたが、今日の測定値もずれてはいないということでしょう。

試しにPH SIMULATORを接続して4.0のスイッチを入れてみました。

モニター表示は3.99でした。

やはりPH SIMULATORの校正値4.0は信頼できそうです。

こうなってくるとPHメーターでも測定したくなります。

関係ないですが、なでしこジャパン感動しました。

生きている間にワールドカップの日本決勝戦なんてもう見ることができないかもしれません。

これで日本中が元気になれます。

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

PH SIMULATORの微調整

Dsc03329 昨日のPH SIMULATORセッティングで問題になった校正液との校正値のズレ

ズレは約0.5

0.5のズレはやはり大きいです。

そこで、校正器の本体で調整できないかと考えました。

で・・・

PH SIMULATORを分解

デジタルもの好きですが、電気のことはさっぱりです。

よく見るとスイッチの右上に回せそうな白い部品を発見!

+ドライバーで回して下さいと言わんばかりの部品です。

Dsc03332

PHモニターと接続して調整開始

白いねじを回すと・・・

数値が変動します!

スイッチを4.0へ入れたたときは3.5くらいの数値でした。

白いねじを回すことで4.0まで調整できました!

ここまでは完璧です。

Dsc03334

問題はPH7.0の校正

PH SIMULATORのスイッチを7.0にしても数値は6.42

これで白いねじを回して調整しても、4.0の校正値がずれてしまいそうです。

Dsc03335

試しにPH10.0の校正値では8.82という表示

微妙すぎです。

Dsc03336

で、何度かいじっているとPH7.0の校正でモニターが7.0と表示しました。

さっきまでは6.42だったのに。

やはり怪しいです。

で、改めて校正液を使用して校正しました。

PHモニターで7.0と4.0の2点校正を行いました。

Dsc03339_2

その後にもう一度、PH SIMULATORに接続して4.0のスイッチON

モニターの表示は3.91

校正液4.01を使用してPH4.0の校正直後ですが、誤差は0.09

まぁ、許容範囲でしょうか。

この状態で、PH SIMULATORの白いねじを回して値が4.00になるよう調整しておきました。

これでPH SIMULATORと校正液の校正値4.0はずれなく調整できたことになります。

しかし、PH SIMULATORの7.0校正値が6.5くらいにずれています。

4.0の微調整直後でもPH SIMULATORのスイッチを7.0にすると6.5くらいの表示です。

結論、

PH SIMULATORの校正値7.0は微妙(PH SIMULATORで7.0の自動校正をしてしまうと、くるってしまいそうです)

校正値4.0は使えそう

PH7.0の調整は校正液を使用

PH4.0の調整はPH SIMULATORを使用

微妙すぎます。

いろいろと試行錯誤してみます。

| | コメント (0)

2011年7月16日 (土)

PH SIMULATOR 

Dsc03299 PH SIMULATOR

エキゾチックAへ行ったついでにゲットです。

ネット通販で見つけました。

高硬度の関係でPHも常時表示モニターでチェックしています。

なのでPHモニターの校正も欠かせません。

いつもは4.01と7.00の校正液を使用しています。

ただ、この校正作業が少し面倒です。

そんなときに発見したのがこのPH SIMULATORでした。

デジタルもの好きにはこの新商品が気になりました。

電気的に校正するので劣化やブレがないのが最大の利点です。

TDSモニター修理依頼でちょうどエキゾチックAへ行ったので、ついでにゲットできました。

Dsc03301

これはPHモニターのセンサー接続をはずして、校正器を直接つなぎます。

ちなみにうちのPHモニターはAIネットのPHモニターです。

これにも使用できます。

センサーの接続がはずせるタイプにはどれでも使えるようです。

Dsc03302

4.0の校正中

スイッチを4.0のところへスライドさせます。

その後、PHモニターをいつもどおりに自動校正するだけです。

液体を使用しないのでチョーかんたんです。

ちなみに乾電池での作動です。

Dsc03304_2

問題発生!?

PH7.0の校正

スイッチが一番上のポジションですが、「OFF」といっしょのポジションです。

当然、7.0のところにスライドするとパワーランプが消灯します。

これで本当に7.0の校正ができるのか???

Dsc03303_2

一応、7.0表示で校正作業しました。

ここでもうひとつの疑問・・・

校正液とデジタル校正とのズレはないのか?

これが一番気になるところです。

Dsc03306

PH SIMULATORで校正後に試しに校正液を使用してみました。

校正液は温度により若干、校正値が変わりますが、±0.02までの範囲です。

Dsc03307

PH SIMULATORでの校正直後に4.01校正液にPHセンサーを漬けてみました。

4.47!

+0.47も高いです。

で、この校正液4.01で自動校正しおきます。

続いて校正液7.00でも自動校正しました。

Dsc03312

校正液での自動校正を行ってから水槽水を測定

PH=6.85

いつもどおりCO2添加後は7を切っています。

Dsc03313

その後、もう一度PH SIMULATORで自動校正しました。

そして水槽水を測定

PH=7.38(+0.53)

PH SIMULATORでの校正値のほうが0.5ほど高く表示されます。

他のPHセンサーがないので正確な値は分かりません。

PH SIMULATORは若干高めということでしょうか。

0.5も高ければCO2添加していないときは8を超える勢いかもしれません。

いつもはCO2無添加時は7.5くらいです。

しかし、PH SIMULATORは校正作業の手間を考えれば楽ちんアイテムです。

今後は校正液との併用も合わせてPH値をみていこうと思います。

このPH SIMULATORですが、お約束の台湾製です。

残念なことにこの商品には保証書がありませんでした。

念のためレシートは要保管です。

| | コメント (0)

TDSモニター修理完了!?

Dsc03298 朝、TDSモニター故障のブログをアップしてから、はるばる大阪のエキゾチックアフリカまで行ってきました。

保証書と故障品を店員さんに渡して状況を説明しました。

店員さん「う~ん。とりあえず交換しておきますね。センサーとかの問題かもしれないし。」

あっさりと新品に交換してくれました。

Dsc03300

めでたくいつも通りの数値を表示

センサーのキスゴムが傷んでいたので助かりました。

購入時に心配していた中国製でした・・・

保証書があって助かりました。

| | コメント (0)

TDSモニター故障

Dsc03288 去年の12月から使っているTDSモニターです。

今朝のTDS値

494ppm!?

別のTDSメーターで測定すると137ppmでした。

どうやらおかしくなっています。

昨日、水替えのときに校正をしました。

これはねじを回して校正するタイプです。

少しねじを回しただけで数値が変動していたのに、昨日の校正時には思いっきり回さないと数値が変わりませんでした。

おかしいと思っていたのですが・・・

今日は、いくらねじを回しても一定値以上に下がりません。

故障確定・・・

探してみると保証書がありました。

1年間有効なので大丈夫でした。

しかし、買ったのはエキゾチックアフリカの通販です。

和歌山から大阪のエキゾチックAまでは遠いです。

海水やってた頃はよく行ってたんですが・・・

TDSモニターは一応毎日チェックしていました。

半年間使ってうちの水槽の数値変化がわかったので便利でした。

キューバパールのために硬度を上げるろ材やサンゴ砂を埋め込んでいるのでTDSやPH値は要チェックです。

面倒ですが今日は大阪まで行きますか。

| | コメント (0)

2011年7月15日 (金)

水替えの水温調整

Dsc03286 暑いです。

梅雨明け後は夏です。

困るのが水替え

去年から、近所のスーパーでRO水を汲んできています

で、問題はRO水の水温調整

この暑さですから、当然、水温も上昇です。

保管している間にも水温はどんどんと上昇します。

水を汲んでからすぐに水替えすれば問題ありません。

しかし、水汲み作業は車までの往復が大変です。

なので、時間があるときに汲んで保管しています。

おそらく汲みたてのRO水は25℃もないくらいだと思います。

で、暑い玄関先で保管していると、すぐに30℃近くになります。

以前、水道水で水替えしていたときは楽ちんでした。

夏場の水道水は26~27℃くらいです。

なので水温調整不要でした。

水槽用クーラーも27℃設定です。

RO水の水温を下げるのは、100均の保冷剤です。

水替えする時間帯も気温の低い6時台の早朝からです。

夏場の水温調整は本当に面倒です。

熱帯魚飼育は冬場のほうが楽ちんです。

なのに涼しいイメージで、夏場の広告には熱帯魚飼育セットが必ず登場します。

夏場からの熱帯魚飼育はクーラー必須です。

Dsc03274

水替えとは関係なし。

ショートヘアグラスもキューバパールもよく根をはっています。

緑がとてもきれいです。

水草にはコケはいっさい出ません。

ヤマトヌマエビとRO水の効果です。

Dsc03275

最後に追加した龍王石が緑コケだらけでした。

でも、石巻軍団増援でかなりきれいになりました。

メタハラがグリーン球なので、コケの緑もきれいに目立ってしまいます。

^_^;

Dsc03287

コケがない代わりにやっかいなもの。

ヒラマキミズマイマイ

たぶん・・・

水槽内で爆殖しています。

リセット時のキューバパールグラスは貝類混入なしのWPWから購入しました。

おそらくcharmで買ったショートヘアグラスに混じっていたのだと思います。

面倒なのでチェックはしていませんでした。

今は30分ほどピペットでがんばって吸い取ると、100個以上はゲットできます。

今はほぼ毎日のように吸っています。

吸っても吸ってもきりがありません。

でも習慣というか、クセになってしまいました。

撲滅への道のりは遠いです。

| | コメント (0)

キューバパール肥料不足?

Dsc03282 約5ヶ月経過の15cmキューブ水槽

ようやくキューバパールが一部は絨毯化しました。

しかし、葉っぱが黄色いところもあります。

45cmのキューバパールは健康的な緑色です。

最近、ほとんど追肥していませんでした。

近いうちにイニ棒を追加予定です。

Dsc03280

石巻貝のおかげでCO2の気泡が細かくなりました。

スーパージィでもなかなかダメでしたが、いい仕事してくれます。

15cmキューブではこれくらい細やかな気泡でないと、十分に溶解しないと思います。

| | コメント (0)

2011年7月11日 (月)

チワワのチロル水遊び

子供のチロルは水遊び大好き

でもお父さんチワワのそらは水大嫌いです。

親子でこんなにも違いがあります。

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

コケだらけ

Cimg3997 前回、水替えしてから5日後の水槽

わずか5日でコケだらけです。

照明時間も短縮していますが、このありさま。

非常に醜いです。

RO水使用でもこんな感じ

救いは黒ひげコケが出ていないことです。

水草とコケの成長は表裏一体?

Cimg3998 まばらに石巻貝が食べています。

で、石巻貝を10匹追加です。

Mail_2

コケとは関係ない話題

石巻貝を買いに行ったひごペット泉ヶ丘店にあるレイアウト水槽

ADAのグリーン球(NAG-150W)です。

けっこうきれいに緑色が再現されています。

携帯電話のデジカメなのできれいに再現されていませんが。^_^;

うちで使用中のグリーン球よりも自然な緑色に近いように思います。

この色合いいい感じでした。

水槽はコケていましたが…

| | コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

キューバパールグラスの葉っぱの大きさ

Dsc03266

葉っぱの大きいキューバパール

このあたりは間隔を開けて2,3本まとめて植栽しました。

Dsc03268

まとめて植栽したところ

葉っぱが小さめです。

どちらもびっしりと絨毯化していますが、間隔をあけて植栽したほうが葉っぱが大きくなっています。

2ヶ月以上経過していますが、今のところ黄色くなっている葉っぱはありません。

途中でイニシャルスティックを追加しているので、追肥も効果的なのだと思います。

| | コメント (0)

ワープロ競技会

Dsc03261 トロフィー

メダル

我が家では縁のなかったものですが・・・

息子のです。

私じゃありません。

ワープロ競技会での戦歴

Dsc03262 個人優勝(大会2連覇)

Dsc03263 近畿大会第3位

なかなかすごいです。

私はブラインドタッチなんてできません。

8月には東京で全国大会に行くようです。

全国レベルはかなり高いようで、商業高校が強敵のようです。

| | コメント (0)

2011年7月 1日 (金)

夜間のメタハラ照度チェック

Dsc03252 前回は昼間の照度チェックだったので、周りが暗い夜間に測定しました。

241×100lux=24,100lux

当たり前ですが昼間よりも照度が落ちています。

この値を目安に今後の変化をみていこうと思います。

Dsc03254

前回のリシアのトリミングで禿げてしまいました。

Dsc03253

全体像は変わりません。

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »