« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

パレングラス&パレングラスTYPE2

Dsc03972

パレングラスⅡ

インライン化、水槽内のスリム化に反しています。

オークションで落札しました。

Dsc03973

この気泡が見たくて導入してみました。

Dsc03974

美しい気泡です。

でも、この気泡を維持するのが大変そうです。

すぐに緑コケが付いてしまいそう。

Dsc04008

で、もう1個予備にオークションで落札

こちらはノーマルのパレングラス

これはけっこう古かったので安かったです。

キスゴムが変色しています。

これでスーパージィに交互に漬け置きできます。

Dsc04005

このパレングラス、

設置にけっこう戸惑いました。

最初、パレングラスとcharmで買ったガラス管(クリスタルジョイントJL型)を接続しましたが、なかなかきれいにセッティングできませんでした。

クリスタルジョイントのJL型ではシリコンチューブでパレングラスにきれいに接続できません。

シリコンチューブが無駄に屈曲してしまい、パレングラスの位置がうまく落ち着きません。

Dsc04003

J型のクリスタルジョイントを買いなおそうかと思いましたが、いいものを見つけました。

この「パイプピタッと」です。

エアレーション用の硬質パイプが数本入っています。

これをカットして使いました。

パイプの下側はストレートになっているほうが、パレングラスとスムーズに接続できます。

それでも、パレングラスの位置決めに四苦八苦しました。

慣れればなんてことないかもしれません。

もうひとつ面倒なのは水槽ガラス面のコケ掃除です。

今はプロレイザーで掃除していますが、キスゴムがあるとガラス面の掃除がしにくいです。

こういったデメリットがあるので、掃除するにはインライン化が最適です。

流れていく気泡を見ているのもいい感じなので、しばらくパレングラスで楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

キラースネール効果あり!?

Dsc03978_2

久しぶりにcharmで通販

キラースネール3匹

Dsc03979

目的はこれ

大量に発生したスネール退治

カップに水槽のスネールとキラースネールを一緒に入れて一晩置いておきました。

Dsc03982

一晩明けた結果・・・

おぉーー!

スネールの殻がたくさんです。

白くなっているのが殻です。

実は1時間後には殻が転がっていました。

捕食シーンは見れていませんが、これは効果期待大!です。

今朝、水槽内へ3匹投入しました。

水槽投入後は姿を消してしまいました。

でもスネールの殻が1個転がっていました。

Dsc04001

今日は石巻貝も10匹追加しました。

ペットランドミクニへ行ったのですが、石巻貝は水槽内に数匹だけしか見当たりませんでした。

店員さんに10匹欲しいので水槽内を探してもらいましたが、いまひとつ石巻貝をわかっていないようでした。

違う種類の巻貝をとってみたり・・・

若いアルバイト店員のようでしたが、アクア担当なら石巻貝は分かって欲しかったです。

| | コメント (0)

2011年12月24日 (土)

60cm水槽初トリミング

Dsc03966

ヘアーグラスがうっそうとしてコケできました。

思い切って根っこ近くまでトリミングしました。

Dsc03970

後景はすっきりと芝生状態です。

Dsc03971

石の緑コケも目立ってきました。

石巻貝の追加投入必要です。

スネールも発生してきました。

地味に毎日テデトールしています。

キューバパールはスローペースですが、絨毯化に近づいています。

今日の水換え後のアクシデント・・・

数時間後に水温計をみると19℃!

なんですと!!!

ジェットフィルターもストップしています。

接続しているタップの電源が落ちていました。

調べると、水槽裏側にあるコンセントがはずれていました。

以前はバスコーキングでとめていたのですが、今回は何もしていませんでした。

あわてて電源を入れましたが、さかな達は無事な様子

今日はとっても寒いので水温下降も早かったのだと思います。

気づいてよかったです。

しかし、水槽回りのコンセントは万全な体制にしておくべきですね。

次の休みにでもバスコーキングしておきます。

| | コメント (0)

CO2アルミボンベ1リットル

Dsc03967


左側が新たに購入したCO2アルミボンベ1リットル

右側は今までの1リットルボンベ

この2本で1年近くはもちそうです。

Dsc03968

シールがあるかないかの違い

Dsc03969

台湾製

実は2リットルのアルミボンベを注文していましたが、ボンベに不具合があり届けてもらうことができませんでした。

2リットルなら余裕でもちそうだったのですが。

CO2システムの変更を考えています。

現在はCO2マスターインラインシステムにしています。

ADAのパレングラスへ変更予定です。

セットできればアップします。

| | コメント (0)

White Christmas朝

Dsc03965今朝起きて外に出てびっくり

今年初の雪

Dsc03964


寒い中、さくらは散歩中

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

ADAネイチャーアクアリウムポスター

Dsc03947ADAのNAポスター

毎日、難波まで通学している娘がP2なんばパークス店でもらってきてくれました。

和歌山のうちからでは、ADA特約店はすぐには行けません。

ポスターの1枚はADA商品を買ったらもらえるものらしいです。

でも、あまりもらってくれる人がいないらしくて2枚ともいただけたようです。

シールまでもらえたようで太っ腹の特約店でした。

| | コメント (0)

ファンネル2導入!

Dsc03937カミハタのファンネル2

オークションで中古品を落札しました。

最初はホワイト色の新品を入札していましたが、予算オーバーであきらめました。

中古品は安くゲットできました。

Dsc03939

エンボス式のリフレクターです。

ソーラー1でもクリスタルネオハライドでも採用されていますが、ファンネル2はガラスの開口部がかなり広くとってあります。

なので照射範囲と照射量はクラス最大といわれているようです。

クリスタルネオハライドと迷いましたが、この照射量の多さが決め手でした。

本当はホワイト色がよかったのですが、どうもオークションでは白色のほうが高めになっています。

気になる照射量の違いですが、さっそくクリスタルシャイン150TLと比較してみました。

Dsc03936

これがクリスタルシャインの照度

274×100LUX

前回11月に測定したときは

288×100LUXでしたから若干、照度ダウンでしょうか。

Dsc03942

これがファンネル2

393×100LUX!

なんと100×100LUX以上も照度がアップしています!

測定条件は同じにしています。

もちろん使用電球も今まで使用していたグリーン球です。

こんなに明るくなるとは思いませんでした。

灯具の違いは大きいですね。

Dsc03943

見た目も今までのクリスタルシャインとは明るさが全然違います。

断然、ファンネル2が明るいです。

水槽全体が明るくなった感じです。

ファンネル2にしてよかったです。

Dsc03938

ファンネル2の設置はスムーズにはいきませんでした。

ネットで予備知識はあったのですが、ガラスが六角レンチのねじで固定されています。

しかし、中古品のファンネル2にはこのレンチが入っていませんでした。

しかたなく100均でレンチを購入

ファンネル2のは2.5mmサイズでした。

Dsc03944

ファンネル2の取り説には高さ30cm以上にするよう記入されています。

メタハラはだいたい水面から30cmが基本のようです。

クリスタルシャインでは照度アップのため、高さ19cmに設置していました。

Dsc03945

で、高さ27cmほどに設定しました。

もうひとつ、ファンネル2の特徴は・・・

ワイヤーの高さ調整がワンタッチで行えることです。

本当に高さ調整が楽チンです。

これでキューバパールの成長速度もアップ?のはずです。

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

電磁弁付レギュレター(ミドボン用)購入

Dsc03902

CO2ミドボン、アルボン用の電磁弁付レギュレター

いつものここで買いました。

これを設置しようと思ったら・・・

トラブルが・・・

Dsc03906

コンセントの形状が違います。

made in 台湾です。

プラグの片側が大きくコンセントの差込に入りません。

汗・・・

調べると海外製のコンセントはアースの関係で片側が大きくなっているようです。

しかし、コンセントにささらない。

Dsc03907

100均のコンセント

差込口は左右同じ大きさです。

これでは台湾製プラグはささりません。

Dsc03911

しかし、タイマーの差込口を見てみると・・・

おーー!

左側が大きいではありませんか。

他のOAタップも左側が大きくなっています。

これは気付きませんでした。

Dsc03913

電磁弁はこのアナログタイマーで使うことにしました。

水槽台の中で使用です。

Dsc03914

この電磁弁付レギュレターですが、一次圧計、二次圧計が付いています。

一次圧計

約800psi

Dsc03915

二次圧計

約40psi

ややこしいのが圧力の単位

圧力の単位にはいろんな種類があります。

今まで使っていた電磁弁付レギュレターはここで買ったKC-11Vというの。

このレギュレターは二次圧が約1MPaに設定されているようです。

1MPa≒145psi(ここを参照

なので

40psi≒0.28MPa

ということになります。

この台湾製のレギュレターはKC-11Vとくらべるとかなり低めの二次圧設定になっています。

まぁ、分岐させることもないので、この二次圧でも十分です。

Dsc03917

このレギュレターの最大の?特徴

電磁弁のパイロットランプが点灯!

こんなのは日本にはありません。

日本のアクア製品もこういったところをまねしてほしいです。

Dsc03918

形状もKC-11Vよりはスタイリッシュです。

ミドボン+一般レギュレターよりも

アルボン+台湾製レギュレターがおしゃれ?です。

さらに台湾製のCO2関連製品を注文中です。

これでCO2ライフ?が充実します。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »