パソコン自作

2011年10月13日 (木)

Aspire AS5750 AS5750-N52C/K

Dsc03620先日から調子の悪かったノートパソコン

FMV-BIBLO NF70Y

ジャパネットたかたのモデルでした。

2008年くらいに購入したものです。

けっこうな値段しました。

時代が変わって2011年

ノートパソコンはびっくりするくらい安くなっています。

しかし、年老いて最近はパソコンに関する知識はほとんどなし。

高校生の息子に相談しました。

パソコン通の息子はノートPCに関して情報豊富です。

教えてもらったネットショップでノートPCをピックアップしてもらいました。

Dsc03622で、選んだのがこれです。

台湾のパソコンメーカーです。

最近はこんなメーカーからの激安ノートPCが出てきました。

激安ですが高スペックです。

Dsc03623
サクサクと軽快な動きで大満足です。

それにしても安い。

4万円を切っています。

しかし、パソコンを新しくするといろんな設定が面倒です。



| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

パソコンスケールアップ

Cimg3447 息子のパソコン

私と共同出資のWindows7です。

知らない間にCPUやらマザーボードやらをパワーアップしていました。

でもふたが閉まらない…

カッコ悪いです。

| | コメント (0)

2010年1月26日 (火)

リモコン~GV-MC7/RCKIT

Cimg2766 Windows Media Center用のリモコンGV-MC7/RCKITを買いました。

中古品です。

Cimg2767 リモコンの感度良好です。

テレビのリモコンと同じような感覚で使えそうです。

USB端子にリモコン赤外線受信部分を差し込むだけです。

これで自作パソコンが家電化しました。

| | コメント (0)

2010年1月24日 (日)

自作パソコン地デジ化

Cimg2758 I-ODATA GV-MC7/HZ3です。

これはminiB-CASカードを差し込んで地デジを受信するチューナーです。

かなりコンパクトです。

パソコン側にUSB端子、もう一方にアンテナ端子を接続します。

かんたんに接続できます。

Cimg2762 BENQというメーカーの液晶ディスプレイG2220HDです。

21.5型ワイド、フルHD、DVI-D(HDCP対応)

このHDCP対応でないと地デジを写すことができないようです。

この液晶ディスプレイ、とても安いです。

フルHDでありながら最安値で15000円を切っていました。

しかし、どこのネットショップでも売り切れになっているところが多かったです。

いろんなネットショップを探しました。

Cimg2759 dボタンでデータ放送も当然受信できます。

画質もパソコンで見るには十分なレベルです。

パソコン画面も非常に鮮明になってとてもきれいです。

Cimg2761 番組表

これはちょっと見にくいです。

もっと全体的に見れる番組表にしてほしいですね。

予約録画、DVDダビング等もできます。

しかし休止状態から予約録画終了後に休止状態へ戻らないという問題点があります。

いろいろ調べると同じような記事をみかけました。

対策もあるようでいろいろと調整中です。

参考HP↓

スリープしなくなったときの対処

マイクロソフトサポート

自動でスリープから復帰してしまう

あとはWindows Media Center用のリモコン(GV-MC7/RCKIT)を買えば普通のテレビと同じです。

パソコンも便利になりました。

| | コメント (0)

2010年1月22日 (金)

COOL PANEL3&鎌ベイスピーカーACE

Cimg2724 5インチベイ用のスピーカーとファンコントローラーを買いました。

Cimg2727 5インチベイのパネルを開けてスピーカーをセットしたところ

素人でもなんの問題もない作業です。

Cimg2725 スピーカーの配線は単純です。

電源とAUDIOラインのみです。

Cimg2726 AUIDOラインを背面に差し込むだけ・・・

ところがここの配線を間違えていました。

AUDIO OUTへ差し込むはずが・・・

これで立ち上げてもなんの音もなりません。

真ん中のAUDIO OUTへ差し込みなおすと無事にスピーカーを認識してくれました。

Cimg2728 これはCOOL PANEL3の配線の模様・・・

ごちゃごちゃです。

ファンコントローラー、電源、温度センサー、USB端子などの配線があってどこにつなぐのか相当悩みました。

ファンコントローラーの電源端子が3ピンのみの対応で、CPUファンなどの4ピンには対応していませんでした。

結局、ファンコントローラーの配線ができたのはビデオカードのファン1個のみでした。

しかしファンコントローラーが目的ではなく温度が知りたかったので、これでよしとしました。

Cimg2729 温度センサーをビデオカードのファン裏側に貼り付けたところです。

あとPC箱、CPUファンに温度センサーを貼り付けておきました。

Cimg2732 スピーカーとファンコントローラーがセッティングできたところ

きれいです。

| | コメント (0)

2010年1月16日 (土)

初めてのパソコン自作~Windows7

Cimg2693 難しいと思っていたBIOS設定は取り説どおりにするとすぐに終わりました。

ここの作業も意味不明です。

Cimg2695 Windows7もめでたく認識してインストール中です。

Cimg2697 ついにOSも設定完了です。

ここまで非常に長かったです。

Cimg2699 一番最後にオプションで追加したグラフィックスカードとUSBポートを取り付けて完成しました。

Cimg2702 本当にしんどかったですが、無事に完成して一安心です。

が・・・

カードリーダーが認識していませんでした。

原因がよくわかりませんでしたが、昨日は疲れていたので休みました。

で、今朝になってもう一度取り説を見てみると配線間違いに気付きました。

やはり疲れているときはダメです。

配線をやり直してカードリーダーも認識してくれました。

| | コメント (0)

初めてのパソコン自作~配線編

Cimg2687 CPUファンの取り付けと同様に苦しんだ配線作業です。

↑これはフロントパネルコネクターの配線部分です。

これにもスイッチ、リセットLEDなどの線があって、+、-の別もあります。

どこに差し込めばいいのか、取り説の写真とにらめっこしながら行いました。

取り説にのっているのはまだましでした。

取り説にのっていない配線類が多々あって苦労しました。

それが何の配線なのかわからず、形状を頼りに差し込んだものもあります。

おまけにあまっている配線もあります。

どこに使うのか、予備なのか、これすらわかりませんでした。

取り説やネットなどを見ながら、おそらく最低限の配線はできているだろうと思いました。

ここまでの作業時間は約4時間

かなり疲れていました。

慎重にと思うより、早く終えたいという気持ちのほうが勝ってしまい電源を入れることにしました。

Cimg2688 そしていよいよマザーボードをPCケースへ取り付けました。

ケース内の配線はまだごちゃごちゃのままです。

これで電源ON

するとめでたくモニターに文字や数字が浮かんできました。

成功です。

この瞬間は感動しました。

素人が適当にしてもなんとか立ち上げるところまでできました。

| | コメント (0)

初めてのパソコン自作~HDD取り付け編

Cimg2686_2 5インチ、3.5インチベイにDVDドライブ、HDD、カードリーダーをそれぞれ取り付けました。

これもかんたんな作業でした。

各ベイの目隠し板を取り外してはめ込み、サイドからねじで固定するだけです。

一番安心してできる作業でした。

| | コメント (0)

初めてのパソコン自作~メモリー取り付け等

Cimg2683 ↑メモリーの取り付けはかんたんです。

これも向きがあるので注意が必要です。

両サイドのロックをはすしておき、均等な力で押し込んでいきます。

奥まで入るとロックがかかってきます。

完全にロックをかけて完了です。

Cimg2684 ↑PCケースへバックパネルの取り付けです。

これも難なくできました。

| | コメント (0)

初めてのパソコン自作~CPU組み立て編

Cimg2680 ↑①CPUのマザーボードへの取り付けです。

これはふたをはずして載せるだけなので簡単です。

ただ、CPUの向きがあるのでこれを間違えないように注意が必要です。

取り説を見ると、きちんと向きについてはマークを合わせるように書いていたんで問題なくできました。

CPUを載せてから元通りにふたをすればOKです。

Cimg2682 ↑②CPUクーラーの取り付け

実はこの作業が一番苦労しました。

出だしの作業なのでパーツに触れるのも壊しやしないかとビクビクでした。

クーラーのピンをマザーボードの所定の位置にはめ込むのですが、これが半端なく難しかったです。

はめ込む順番もあるのですが、なかなか奥まではめ込むことができません。

かなり力がいるのです。

力をいれて押し込むとマザーボードを壊しそうで心配でした。

この力加減が微妙なので余計にはめ込むことができませんでした。

ピンの向きも合わせておく必要があるので、はめ込みに失敗するごとにピンの向きを合わせなおす必要があり面倒でした。

おそらく数十分は格闘しました。

この作業だけで精神的にもかなり疲れてしまいました。

| | コメント (0)