CO2関連器具

2011年12月29日 (木)

パレングラス&パレングラスTYPE2

Dsc03972

パレングラスⅡ

インライン化、水槽内のスリム化に反しています。

オークションで落札しました。

Dsc03973

この気泡が見たくて導入してみました。

Dsc03974

美しい気泡です。

でも、この気泡を維持するのが大変そうです。

すぐに緑コケが付いてしまいそう。

Dsc04008

で、もう1個予備にオークションで落札

こちらはノーマルのパレングラス

これはけっこう古かったので安かったです。

キスゴムが変色しています。

これでスーパージィに交互に漬け置きできます。

Dsc04005

このパレングラス、

設置にけっこう戸惑いました。

最初、パレングラスとcharmで買ったガラス管(クリスタルジョイントJL型)を接続しましたが、なかなかきれいにセッティングできませんでした。

クリスタルジョイントのJL型ではシリコンチューブでパレングラスにきれいに接続できません。

シリコンチューブが無駄に屈曲してしまい、パレングラスの位置がうまく落ち着きません。

Dsc04003

J型のクリスタルジョイントを買いなおそうかと思いましたが、いいものを見つけました。

この「パイプピタッと」です。

エアレーション用の硬質パイプが数本入っています。

これをカットして使いました。

パイプの下側はストレートになっているほうが、パレングラスとスムーズに接続できます。

それでも、パレングラスの位置決めに四苦八苦しました。

慣れればなんてことないかもしれません。

もうひとつ面倒なのは水槽ガラス面のコケ掃除です。

今はプロレイザーで掃除していますが、キスゴムがあるとガラス面の掃除がしにくいです。

こういったデメリットがあるので、掃除するにはインライン化が最適です。

流れていく気泡を見ているのもいい感じなので、しばらくパレングラスで楽しみたいと思います。

| | コメント (0)

2011年12月24日 (土)

CO2アルミボンベ1リットル

Dsc03967


左側が新たに購入したCO2アルミボンベ1リットル

右側は今までの1リットルボンベ

この2本で1年近くはもちそうです。

Dsc03968

シールがあるかないかの違い

Dsc03969

台湾製

実は2リットルのアルミボンベを注文していましたが、ボンベに不具合があり届けてもらうことができませんでした。

2リットルなら余裕でもちそうだったのですが。

CO2システムの変更を考えています。

現在はCO2マスターインラインシステムにしています。

ADAのパレングラスへ変更予定です。

セットできればアップします。

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

電磁弁付レギュレター(ミドボン用)購入

Dsc03902

CO2ミドボン、アルボン用の電磁弁付レギュレター

いつものここで買いました。

これを設置しようと思ったら・・・

トラブルが・・・

Dsc03906

コンセントの形状が違います。

made in 台湾です。

プラグの片側が大きくコンセントの差込に入りません。

汗・・・

調べると海外製のコンセントはアースの関係で片側が大きくなっているようです。

しかし、コンセントにささらない。

Dsc03907

100均のコンセント

差込口は左右同じ大きさです。

これでは台湾製プラグはささりません。

Dsc03911

しかし、タイマーの差込口を見てみると・・・

おーー!

左側が大きいではありませんか。

他のOAタップも左側が大きくなっています。

これは気付きませんでした。

Dsc03913

電磁弁はこのアナログタイマーで使うことにしました。

水槽台の中で使用です。

Dsc03914

この電磁弁付レギュレターですが、一次圧計、二次圧計が付いています。

一次圧計

約800psi

Dsc03915

二次圧計

約40psi

ややこしいのが圧力の単位

圧力の単位にはいろんな種類があります。

今まで使っていた電磁弁付レギュレターはここで買ったKC-11Vというの。

このレギュレターは二次圧が約1MPaに設定されているようです。

1MPa≒145psi(ここを参照

なので

40psi≒0.28MPa

ということになります。

この台湾製のレギュレターはKC-11Vとくらべるとかなり低めの二次圧設定になっています。

まぁ、分岐させることもないので、この二次圧でも十分です。

Dsc03917

このレギュレターの最大の?特徴

電磁弁のパイロットランプが点灯!

こんなのは日本にはありません。

日本のアクア製品もこういったところをまねしてほしいです。

Dsc03918

形状もKC-11Vよりはスタイリッシュです。

ミドボン+一般レギュレターよりも

アルボン+台湾製レギュレターがおしゃれ?です。

さらに台湾製のCO2関連製品を注文中です。

これでCO2ライフ?が充実します。

| | コメント (0)

2011年11月26日 (土)

CO2マスターアドバンス

Dsc03891

2009年7月29日から投入しているCO2マスターアドバンス

WPWで購入したものです。

CO2を強制添加させるもので、基本的には外部フィルターの吸水側に設置することになっています。

ADAのスーパージェットフィルターを設置してから約1ヶ月

今までまったく気にしていなかったのですが、スーパージェットフィルターに気泡が噛んでしまうようです。

フィルターを横に振ると、「ブーン、ブーン」と気泡がたくさん出てきます。

スーパージェットフィルターのポンプは気泡噛みに弱いようなので、CO2マスターアドバンスの設置位置を見直すことにしました。

WPWでは排水側への設置もOKと説明されていますが、圧がかかるので要注意となっています。

スーパージェットフィルターの排水側へ設置しました。

エーハイムサブフィルターとの間になります。

CO2添加後に排水側のホース内を見ると、けっこうな気泡が流れています。

その先には水槽用クーラーを接続しているのですが、その中にCO2が蓄積しているようです。

たまったCO2がリリィパイプから一気に流れ出てくるときがあります。

CO2がどれだけ溶解されているのか不明ですが、CO2添加後はPHは下がっています。

CO2マスターアドバンスの説明では、完全に溶解されるとなっています。

設置位置の問題もありますが、使用して3年目なので新品に交換する必要があるかもしれません。

ちなみに排水側での使用では1年での新品交換が推奨されています。

| | コメント (0)

2011年10月17日 (月)

CO2アルミボンベ0.8リットル空に

Cimg4076前回、6月20日に空になったアルミボンベ1リットル

今回の0.8リットルは・・・

2011年6月20日~10月15日

までもちました。

約4ヶ月

もう少しもつと予想していたのですが・・・

Cimg4077_2

再充填してある1リットルアルミボンベへ交換です。

ゴムパッキンもすべて交換しました。

これを怠るとこんなことになってしまいます。

Cimg4079

1リットルは満タン

1次側圧力は70目盛りくらいからの開始です。

Cimg4080

空っぽになった0.8リットルは再充填してもらうために発送します。

| | コメント (2)

2011年6月20日 (月)

CO2アルミボンベ空に

Dsc03231 Cube Worldで購入したアルミボンベ1ℓ

今日空っぽになりました。

初回の使用期間は、

2010年6月22日~10月28日まで127日間

今回は、

2010年11月6日~2011年6月20日まで226日間

今回は非常に持ちがよかったです。

おそらく初回の使用時には破裂事件があって、CO2残量が減ったためだと思われます。

7ヶ月以上もつとランニングコストもじゅうぶん安くなります。

Dsc03230

圧力計も0

Dsc03232

アルミボンベ交換と同時にゴムパッキンも交換しました。

これも以前の反省を生かしての交換です。

Dsc03234_2

今回交換したのは同じくCube WorldのAZOO製アルミボンベ0.8ℓです。

空になったアルミボンベ1ℓはCube Worldへ送って再充填してもらいます。

0.8ℓがあることで再充填時にもすぐに交換できて便利です。

Dsc03233

圧力計もアップ

0.8ℓなので6ヶ月はもつでしょうか。

次回の交換は12月頃?

| | コメント (0)

2011年6月10日 (金)

ADA CO2ビートルカウンター動画

ADAビートルカウンターの動画

本家のビートルカウンターはやっぱり美しいです。

| | コメント (0)

2011年6月 9日 (木)

ADAビートルカウンター

Dsc03196

アクアジャーナル

レッドビーシュリンプフード

CO2ビートルカウンター

すべて通販です。

買ってしまいました。

Dsc03197

中身

Dsc03204

Dazsのバブルカウンターとの比較

Dsc03200_2

DazsのがADAよりもらせんが多くて緩やかです。

これでは気泡がスムーズに上がりません。

Dsc03205

セッティング

とってもスムーズな気泡の流れ

これです。

動画は明日にでも

安物買いの銭失いでした・・・

| | コメント (0)

2011年6月 7日 (火)

Dazsバブルカウンター~その後

You tubeから

おそらく同じDazsのバブルカウンター

これはスムーズに気泡が上がっています。

ガラス製なので製品によって微妙な違いがあると思われます。

気泡の大きさやガラス管の太さ、らせんの傾斜角度など

今回のははずれだったのか?

もう少しらせんの角度に傾斜があればスムーズに気泡が上がっていくと思います。

ちょっと実験しました。

先日コメントいただいたように洗剤を入れてみました。

食器用洗剤をごく少量添加

いろいろと洗剤の濃度を変えてみましたが、カウンター内はバブル状態に

気泡の滑りはスムーズになりましたがムラがあります。

このままでは水槽内もシャボン玉状態になってしまいそうです。

で、短期実験は終了しました。

使えないDazs…

オークション行き決定?

| | コメント (0)

2011年6月 5日 (日)

偽?似?ADAビートルカウンター

Dsc03189 Dazs aquarium systemというところのCO2カウンター

通販です。

ADAビートルカウンター似です。

価格はADAの約半分

Dsc03190

水を注入したところ

Dsc03191 水槽の横にセッティング

ワクワクしてCO2添加開始!

しかし・・・

予想していた気泡とは大違いで・・・

ADAのビートルカウンターはネットの動画を見るときれいにクルクル上がっています。

ADAのビートルカウンタ―との大きな違いがありました。

ADAのは中のらせん状構造はガラス板

Dazsのはガラス管になっています。

ガラス管の中の気泡はスムーズに上がっていかず、ダラダラと上がっていく感じです。

ADAのはらせん状になったガラス板の下をスムーズに気泡が上がっています。

やはりADAのは素晴らしいです。

しばらくはDazsので我慢です。

| | コメント (2)